腸内フローラで便通改善!忙しくてもダイエット

腸内フローラで便通改善!忙しくてもダイエット

腸内フローラっていう情報について&ダイエットをしっかりと記載していきたい。

 

 

私が数年前、ダイエットに目覚めたきっかけはガリガリの男性を好きになったことでした。私はぽっちゃり体型でボリュームたっぷりだったので彼と並んで歩くと自分が大きく見えて仕方ありませんでした。

 

 

 

そんな彼と晴れてお付き合いすることになり彼の友人に初めて会った際、彼の友人が彼に向ってこっそりと「おまえデブ専だったっけ?」と言っていたのを聞き、とてもショックを受けてしまいました。

 

私はスリムになって堂々と彼の隣で歩いて甘えられるようになりたい!と目標を持ちダイエットを決意しました。

 

結果、160センチ60キロだった体重が4か月で52キロまで落ち大成功でした。

 

嫌いなこと、続かないことはしない!がテーマの私のダイエット方法をご紹介します。

 

 

 

1. 食べたものを記録する!

 

私は間食がとにかく多くて、仕事中もチョコレートやお土産にいただいたお饅頭などを常にパクパクと口に入れていました。外回りの仕事が多く、昼食はファミリーレストランなどでがっつり食べることも多く、脂っこいものを好んで食べていました。

 

夕食のあとも間食は止まらず、デザートと称してコンビニエンストアの新作スイーツを食べるのが楽しみでした。

 

一度その日一日食べたものを書き出してみようとどんな些細な間食であってもすべて書き出しカロリー計算をしてみるとなんと約3100カロリーだったのです。

 

160センチの30代女性の理想的な摂取カロリーは1400カロリーくらいなので倍以上のカロリーを摂取していたことになります。

 

 

そこで毎日食べたものを書き出していくことにしました。いわゆる「レコーディングダイエット」です。カロリー計算まで逐一行うと途中で挫折してしまうのでとにかく食べたものだけを書くようにしました。

 

 

 

 

すると仕事中の間食をしないようになりました。心の中で「食べると記入しなくてはならなくなる!」とストップがかかり記録したくないので食べなくなったのです。

 

また、日々の食事も脂肪分の少ないささみや温野菜などを中心にヘルシーな食事を心がけると、体重も目に見えて痩せていきました。

 

 

 

2. 原付から自転車にシフト!

 

 

私は原付で出勤。外回りの際も移動手段は原付でした。スポーツが苦手な私はが身体を動かすには日常の生活に取り入れるしかないと思い、原付を使わず、自転車で移動するように変えてみました。自転車に乗るのは昔から大好きでいつまで漕いでいても苦になりません。

 

往復で毎日10キロ自転車で移動していると、足に筋肉がついてきたのがわかるようになり、今まで図太かった足首が締まってくるようになりました。

 

足首を意識しながら、有酸素運動になるようにだらだら運転しないことがポイントです!

 

 

 

3. 気分はエグザイル!でたらめダンスでエクササイズ!

 

ダイエットには運動は欠かせないのですが、先にお話ししたように私はスポーツが苦手で家ではゴロゴロしてしまいがちでした。

 

そこで私は以前から大好きなエグザイルの真似をして身体を動かしてみようと閃きました。

 

ライブDVDを見て口を大きく動かして歌いながら、見よう見まねででたらめなダンスをするのです。

 

一曲踊るだけでも汗が出ますがエグザイルの一員になったみたいでとっても楽しいのです!好きなことなら続けられますし、自宅で好きな時間にできるのが利点です。恥ずかしい気持ちを捨てて「なりきる」ことが大事です!歌うことで顔の筋肉も動かせてフェイスラインも引き締まってきたように思います。

 

 

 

 

 

以上の事を4か月続けていたら、するすると体重が落ち、お腹や足も筋肉でシェイプアップに成功しました。

 

 

 

 

 

痩せておしゃれが楽しくなり、自信がついてきたことにより彼に対しても素直に女性らしく振舞えるようになりました。

 

 

ダイエットは続かなければ意味がありません。

 

 

おもしろそうだな、やってみたいなと思われたらぜひ参考にしてみてください!